2018全日本モトクロス選手権第8戦(決勝日)

降り出しそうで降らない、かと思わせておいて降ってくる。そんな天候の決勝日でした。

IA1クラスは、成田選手と山本選手のランキング争いにともなって、ますます熾烈なレースになりました。ヒート1は序盤から成田選手と山本選手2人の激しいバトル。ヒート2は序盤からトップ争いをする成田選手、山本鯨選手はやや遅れたものの順位を上げ成田選手とのトップ争いに。成田選手の転倒で山本選手がトップに立ち、そのままトップでゴール。3位には星野優位選手、4位はハドリーナイト選手、5位は池谷優太選手。

ポイントランキングは今大会の成田選手と山本選手の獲得ポイントが同点のため、9ポイント差は変わりません。

【IA1決勝画像】IA1H1|IA1H2

IA2クラスはランキング上位の2人が思うようにリザルトを残せなかった大会となりました。特に古賀選手は予選ヒートでの転倒もあり、難しい状況での決勝ヒートスタートとなりました。ヒート1ではスタート直後、能塚選手がクラッシュに巻き込まれて出遅れました。古賀選手も前に出られない状況の中、序盤トップを走行していた手繰選手を小川孝平選手が抜くとトップを守りきりゴールしました。手繰選手は2位でした。3位には大城魁之輔選手。 ヒート2は横澤選手が優勝しました。横澤選手は今シーズン前半なかなか本人が思うようなリザルトを残せていませんでした。この初優勝は喜びもひとしおだったと思います。ヒート2の2位は内田篤基選手、3位に浅井亮太選手でした。
ポイントランキングは能塚選手がトップに立ち、6ポイント差で古賀選手が2番手、3番手の小川選手とトップとのポイント差は19ポイントです。

【IA2決勝画像】IA2H1|IA2H2

ネイションズ壮行会

お昼休みに2018モトクロス・オブ・ネイションズの壮行会が行われました。日本代表は富田俊樹選手、古賀太基選手、横山遥希選手です。

MXGEAR 2019モデル

【決勝日の画像】
IA2H1|IA1H1|IA2H2|IA1H2|スナップショット
【リザルト】
IA2H1|IA2H2
IA1H1|IA1H2
【リンク】
MFJのレポート|ファンサイトのレポート

予選日の記事はこちらへ

最終戦はスポーツランドSUGOで行われます。