2018全日本モトクロス選手権第4戦(決勝日)

【決勝日】

日差しは強かったので暑かったです。風が心地よい決勝日でした。IA1のヒートはかなり熱かったです。特に今シーズンは、会場でレース見て欲しいな。と思うレースが続きますね。

IA1クラスは、総合優勝に小方選手(2−1)。ポイントランキングトップの成田選手は1−2で総合2位。今シーズンの成田選手の粘り強さは抜きん出ていますね。特に今大会は自身が苦手と言っている広島でしたが、ヒート1は終盤に小方選手にトップを奪われながらも、最終ラップには逆転し優勝しました。ヒート2では序盤から中盤まで山本選手とトップを争い、後半は小方選手とのバトルとなりました。最終的に2位でゴールしましたがL2までの走りは凄かったです。

IA2クラスのヒート1は能塚選手がスタートでトップに立つと、序盤に速いペースで差を広げ独走しました。2位には古賀選手、3位は大城選手でした。大城選手は第3戦のヒート1を5位でゴールしています。MXEEでStoriesに協力いただいている道脇選手がスタートで能塚選手に続いて2番手を走行、途中の転倒で順位を下げてしまいましたが4位でゴールしました。ヒート2は道脇選手がホールショットでした。このヒートの序盤は横山選手と古賀選手のバトルになりましたが、横山選手の転倒した6周目あたりから2番手以降が入れ替わりました。このヒートは古賀選手が優勝、2位に北原選手、3位は浅井選手でした。道脇選手はパンクでリタイアしました好調でしたから残念でした。能塚選手は出遅れと転倒がありこのヒートをリタイアしました。リタイアした能塚選手はランキングトップの古賀選手とのポイント差が開きました。

第5戦は熊本県のHSR九州で行われます。

【決勝日の画像】
IA2H1|IA1H1|IA2H2|IA1H2|スナップショット
【リザルト】
IA2H1|IA2H2
IA1H1|IA1H2
【リンク】
MFJのレポート|ファンサイトのレポート

予選日の記事はこちらへ