次はこのひとたち編「#34 北原岳哲」

あわせて読みたい