Archive For 2010年10月23日

いよいよ最終戦。

いよいよ最終戦。

DSC00331.jpg
2010年の全日本モトクロス選手権の最終戦が明日スポーツランドSUGO で行われます。
IA1クラスは前大会で右足を負傷した成田亮(ヤマハ)の未出走から逆転した熱田孝高(スズキ)と田中教世(カワサキ)の二人によるタイトル争いとなりました。ポイント差はわずか3ポイントです。
参考までに、IA1のポイントランキングは1位熱田314ポイント2位田中311ポイント3位成田304ポイント4位新井271ポイント5位小島248ポイント6位増田246ポイント7位平田219ポイント
IA2クラスはというと、ガチ。です。前大会までにポイント差を20ポイント差まで広げていた小島太久摩(ヤマハ)はヒート1で18位でゴールし、2位勝谷武史(カワサキ)と3位深谷(ホンダ)との差をまたしても近づけてしまったことで、3人の選手にタイトル獲得の可能性がでてきました。
参考までにIA2のポイントランキングは1位小島306ポイント2位勝谷298ポイント3位深谷294ポイント4位三原211ポイント5位島崎188ポイント6位井上169ポイント7位星野優位160ポイント
天気もよさそうなので、ぜひSUGOへ。IA両クラスのタイトルのゆくえを見とどけましょう。

2010全日本モトクロス選手権第10戦

2010全日本モトクロス選手権第10戦


10月23日(土):
快晴でした。
寒さ対策をして臨んだSUGOの最終戦でしたが昼間はちょっと歩けば汗ばむ陽気でした。陽が陰りはじめると気温は下がって冷えてきますので、明日会場にいらっしゃる方は上着はあたたかめのものでどうぞ。明日も予報では良い天気になりそうですね。そういえば今日は楽天の山崎選手が観戦に来ていました。
土曜のスナップショットです。

IA2ヒート1(IA2Race1)
IA2ヒート2(IA2Race2)
IA1ヒート1(IA1Race1)
IA1ヒート2(IA1Race2)

スナップショット
高いとこから失礼してすいませんが。。。今シーズンで全日本モトクロスを引退された釘村太一選手おつかれさまでした。

明日も全日本。

明日は全日本トライアル中部大会、モトクロスファンの方は一見の価値ありですよ。
全日本モトクロスは中部大会が久しく開催がないので、天気もいいようですしこの機会に、全日本トライアルを観ちゃいましょう。
その気になっちゃった方のために、軽くガイドいたしますと。。。モトクロスで言うところのIA1がスーパーA級(IAS)で、ランキングトップには#1の黒山健一(92ポイント)2番手に#2の小川知幸(89ポイント)3番手に#5渋谷勲(71ポイント)と続いてます。
IAクラスは#5三谷英明と#46田中裕人がともに78ポイント、ランキング3位には#1の小野貴史(53ポイント)がつづいています。

(さらに…)

全日本トライアル選手権第6戦

全日本トライアル選手権第6戦


全日本トライアル第6戦キョウセイへ成田亮(りょう)選手の応援にいってきました。
ちょっと肌寒かったです。

レース画像はこちら
国際A級成田亮(なりたりょう)選手のライディングとスナップショットはこちらです。

2010全日本モトクロス選手権第9戦

2010全日本モトクロス選手権第9戦


10月9日(土):
予報通りのお天気でした。
気温は低めで16~20度あたりでしょうか。午前中で上がるかと思われた雨がIBオープンの予選の頃から再び降りだして、それまでに比べて本格的に降りました。明日の決勝はマディコンディション確定です。とわいえ、明日の予報はまずまずのようですので、観戦には問題ないのではと思います。今日の予選ではIA2クラスでは1組目の深谷広一(ホンダ)が2位以下を引き離してトップで予選を終えています。
土曜のスナップショットです。

IA2ヒート1(IA2Race1)
IA2ヒート2(IA2Race2)
IA1ヒート1(IA1Race1)
IA1ヒート2(IA1Race2)
スナップショット

さて、第9戦。

さて、第9戦。

DSC00146.jpg
ネイションズも終わり、AMAでは2011年のスーパークロスのトラックマップが公開されていたり、ナショナルナンバーが発表されていたり、選手の移籍動向も慌しく、すでに来シーズンが始まりつつあります。

で、全日本選手権はというと、いよいよ終盤に入ってまいりました。
金曜午後11時現在広島は雨が降ってます、夕方は結構まとまって降ってました。現在の予報ではコース付近(世羅)の明日の土曜の天気はくもり時々雨。雨は弱い雨って予報になっていますが、今日の降り方で、コースコンディションはかなりのマディかもしれません。

前回大会につづいてチャンピオンシップはますます目が離せない展開、特にIA2クラスはトップに立っている小島太久摩(ヤマハ)と勝谷武史(カワサキ)との差は20ポイントまで開きました。ランキング3位の深谷広一(ホンダ)は勝谷との差を2ポイントまで縮めてます。
第8戦ヒート1では中村友則(カワサキ)が復活勝利。中村はシリーズタイトル戦線には残念ながら届きませんが、今大会でも上位ランキングの選手達のバトルに加わることが予想されます。加えて現在の天候によるコンディションの変化が勝負のゆくえを左右することになるかもしれません。

IA1クラスはランキングトップの成田亮(ヤマハ)がシュートアウトで5位に終わったものの、ヒート1では優勝し2位の熱田孝高(スズキ)とのポイント差を33ポイントにひろげました。そしてこのクラスもランキング3位と2位との差が詰まってきています。ランキング3位田中教世(カワサキ)が熱田との差を7ポイント差まで詰めています。今大会と同じコースで行われた第3戦では田中がヒート2を勝ってます。じゃぁ昨シーズンはどうだったかと、過去のリザルトを見てみると新井宏彰(カワサキ)がヒート1を勝ってました。じゃぁそのまた前の年は、熱田と成田のバトルでした。
今大会で両クラスともチャンピオンはまだ決まらないとは思いますけれど、シリーズ終盤のバトルはかなり見逃せません。

そしてモトクロスは生が一番、かと思います。来ないときに限って。。。なんてこともよくありますからね。F1はIBオープンの決勝が終わった頃に地上波でTV放映されますから。

あ、選手会長はイランでスーパークロスなう

Go Top